『コーヒーの木』はエチオピア原産の熱帯、亜熱帯性植物で、すべてのコーヒーは、このエチオピアコーヒーから始まっています。
コーヒーは、同じ品種でも栽培方法や、管理の違いで等級が変わり、取引価格も大きく違ってきます。
昨今は日本の企業もハワイのコナ地方等に農園を持っています。しかし、そこでは、機械化が進み、コーヒーの味や香りが大味になっていると指摘されています。
ピッカー<コーヒーを摘み取る人>が、完熟の赤い実だけを丹念に選び摘み取る方法が理想的です。
栽培に関してもあまり人間が手を加えずに自然農法が良いと言う声も多く聞かれます。

『コーヒーの種類』は、大きく分けて三種類で、アラビカ、ロブスタ、リベリカ に分けられ、これをコーヒーの三原種と呼んでいます。
アラビカ種
ティピカ、ブルボン、ムンドノーボ、カンピー
       ナス、カトゥアイ、カトゥラ、マラゴジッペ、
       アマレロ、カティモール 
ロブスタ種
アラブスタ、イカツ、バリエダ
リベリカ種
リベリカ、アフリカのリベリア原産で品質は
       アラビカ種にくらべ劣る。

コーヒーチェリーと呼ばれる赤い実。
外皮、果肉、パーチメント、シルバー
スキン,種<コーヒー>の構造。

手を掛けて丁寧に育てられたコーヒー
豆は、表面が滑らかでキメ細やか。

未完熟な実

通常は収穫
出来る状態

高品質な完熟

ジンチョウゲのような香りを放つコーヒーの花

コーヒーのルーツがエチオピアに有ります。

コーヒー生産国としては新しい。
しかし、世界第三位の生産国。

コーヒーの生産は衰え、生産量第三位の座をベトナムに譲る。

日本では、あまり高い評価を得られていないが、ヨーロッパでは評価が高い。

生産量、第一位のコーヒー王国
ブレンドには無くてはならないコーヒー。もちろん、ストレートで飲みたいプレミアム多数あり。

焙煎は、コーヒーの味を決定する上で最も重要な工程であり、又難しく、難解な部分が数多くある。進行に応じて通常8段階に分けられる。@ライト Aシナモン Bミディアム Cハイ Dシティー Eフルシティー Fフレンチ Gイタリアン 
先にも述べたとおり焙煎は非常に難しく同じ色『各工程』に、仕上げても味を同じにする事は出来ません、つまりその焼き色に至るまでのプロセスこそが味や香りを作るうえで大きく関わっているからです。
焙煎工程で生じる微妙な化学変化を予測し、経験から得たノウハウを応用してこそ、美味しいコーヒーになるのです。
しかし、それらをしっかりと追求できる自家焙煎店が少ないのも事実です。低価格やイメージを選考させるだけでは、良いコーヒーは生まれません。

様々な焙煎方法を駆使し、丁寧に作り上げたコーヒー。それは、理屈ではなく、身体に溶け込むほど自然で優しい飲み物になるのです。

何万回と言う中から見つけた僅かなヒントを頼りに、焙煎精度を更に高めます。
@シリンケッジ<目減り率>AL値<色差>BpH値<ペーハー>等をチェック。

@ライト


Aシナモン





Bミディアム



Cハイ


Dシティ

Eフルシティ


Fフレンチ


Gイタリアン

解りやすいコーヒーの話
品質重視のコーヒー選び。