COFFEEの木

フーデリアでは、。コーヒーの木を栽培しています。
そこから得られたデータはコーヒーを選別するとき等に大きく役立ちます。すべてを実際にやってみる事がフーデリアの基本的考え方です。

原料の生豆

品質を安定させる為、何時も数社と取引し、一番良い生豆を仕入れています。直接、農園から買い付けた生豆やオークションロットなど多種多様です。それらのコーヒーは、あえてスペシャリティーコーヒーとせず普通に扱っています。
お客様にイメージで先入観を持たせないためです。

Roaster

世界でたった一台の自社製。
設計、製造を自社で行い、難しいとされるニュークロップの焙煎も可変式バーナーと成分指定で焼き上げたセラミックボールの間接熱源で、理想的な焙煎が可能です。また生豆の微妙に生ずる水分変化にも対応します。
機械屋ではなく、コーヒーを知り尽くした人間が設計した焙煎機です。

セラミックバーナー

1000度を超えるバーナーの炎を,フレッシュエアーを通したステンレス鋼管で冷却しセラミック上面は常に600度を保つように可変制御しています。管を通った熱風はドラム上面に送り豆の乾燥を補助しています。

Coffee

焙煎によるストレスを最小限に抑え、豆本来の持ち味を活かします。
良い豆ほどデリケート。

Roasting 焙煎

素早く的確にが焙煎の命。
苦味を抑えるために低温でだらだらと時間を掛けすぎるのは禁物。
温度、時間などのデーター取りはPCを使い正確に行い、微妙な調整を必要とする焙煎は、すべて手動で操作しています。

コーヒーに関するご質問は、e-mailでどうぞ