コーヒーには、それぞれ等級があります。         
等級の違いが価格の違いになるわけです。        
味の好みは、嗜好品と言うことで、品質による味の差は、あまり理解されていません。                  
また、その辺の曖昧さを逆手に取り言葉だけで付加価値を付け適正を超えた価格で売られているものもあります。
品質に合った価格、つまり適正価格を見つけることが必要です。

同じ目柄なのに、価格が違うのはどうして・・・?

Q.

A.

品質を見極める良い方法は・・・?

Q.

A.

味の好みは、人それぞれですが品質においては一番があるのは確かです。
良いコーヒーを見極める方法については、以下のことを確認してください。
@店内に焙煎機が設置してある。
A店員がコーヒーについて確かな説明ができる」。
B価格が適正であること<安過ぎは注意>
*安売りのコーヒー店に限って当店のコーヒーは高品質とうたっている。しかしこれは品質は、まあ、まあですが美味しいですよ!と、言うべきである。だからと言って価格が高ければ良いコーヒーと言うものではありません。
ブルーマウンテンNo.1等の特殊なものを除き、だいたい200gで¥600から¥1000位がめやす。《銘柄に違いがありますが、ほとんどこの価格帯で収まるはずです。》

Q.

自分に合ったコーヒーがなかなか見つかりません。

A.

店側としても、お客様に合うコーヒーを何とか見つけようとしているのですが、難しいことなのは確かです。
@既成概念を持たず、出来るだけ多くのコーヒー<銘柄>を飲んでみる。
A自分の好みについて、店側に伝える。

コーヒーについての疑問、質問を募集しています!
E  メールで投稿してください

foodelia.com