Coffeeの保存。

保存の良し悪しでコーヒーの鮮度は大きく違ってきます。

コーヒー豆の構造は、活性炭」のような多孔質<小さな穴が沢山有る>で出来ているため臭いに対して吸着性があります。
出涸らしを脱臭剤代わりに用いるのも、その性質をうまく利用したものです。
ところが、コーヒーを保存しようとした時に、この特性が逆に悪い方に働き、冷蔵庫内の臭いを吸収してしまいコーヒー本来の香りは失われてしまいます。



冷凍、冷蔵の保存が良いとはいえ、しっかりと密閉できない袋などは、逆効果になる恐れがあります。

COFFEEの保存に適した容器。

金属製缶は、軽量で使いやすく遮光性にも優れていてコーヒーの保存に適しています。

選ぶポイント:本体とフタの間にシール構造があり、気密性の高いものを選びましょう。




ガラスの容器は、抗菌性に優れ長期の保存に適します
壊れやすく重いなどの欠点がありますが、缶、同様保存には大変優れています。

選ぶポイント:フタにつくパッキンが肉厚で素材はシリコンタイプを選びましょう。ゴムタイプは臭いがつきやすく不向き。

コーヒーを購入後すぐに保存缶や瓶に移し変え、適所に保存する。









保存する場所:低温で湿気のない所。
冷凍庫、冷蔵庫など。

やむをえず、袋のまま保存する場合は厳重に密閉し保存する

はじめにも説明したように冷蔵庫の中はコーヒーに良いものばかりではありません。湿気や臭いなどを防いでこそ、コーヒー保存の適所と言えるのです。

保存容器 缶、ガラス瓶
容器選びのポイント シールやパッキンのある気密性の高いもの
保存の場所 冷凍庫、冷蔵庫
保存上の注意 湿気や、臭いに注意する。
袋の場合 しっかり密閉して湿気や臭いの進入を防ぐ